HOME技術紹介>成形不良のメカニズム
・ウェルドレス
・品質工学
・成形不良のメカニズム
二色・異材質成形金型
・電極・部品加工

 
 射出成形不良の現象について
 
 
ヒケ(SINK MARK)
 樹脂の体積収縮(等温PVT特性)に依存する挙動で、射出成形工程内における各部位の時刻歴的な履歴、即ち射出時の溶融状態から保圧工程・冷却工程の固化状態に至る過程で発生。
主な原因としては、保圧が低い・保圧時間が短い・製品が肉厚であるということが挙げられます。



ソリ(WARP)
反り変形は成形品内における各部位の成形収縮量の差異によって発生する変形やネジレ。
主な発生原因としては、金型温度分布差に伴う面収縮差や成形品板厚差に依存する収縮差・分子配向に伴う収縮差が挙げられます。



バリ(FLASH)
金型の隙間(パーテイング面、スライドの押切面、入れ子など)に溶融状態の成形材料が流れ込んだ余剰のもの。
主な原因としては、成形機の型締め力不足・金型の老朽化・材料の粘度不足が挙げられます。



ショート(SHORT-SHOT)
射出成形工程において一部の金型内に樹脂が充填されないで冷却固化する現象。
主な原因としては、金型内にガスが発生し充填不足となる・射出速度、圧力が低い・金型の形状により樹脂が回らないということが挙げられます。



シルバー(SILVER STREAKS)
水分や分解ガスなどの揮発成分や可塑化時に巻き込んだ気体成形表面に現れ、つぶれた現象。金型内の樹脂のアンバランスな流動によって起こるエアポケットの発生。
主な原因としては、材料の乾燥不十分・シリンダの温度が高い・射出速度が速い等が挙げられる。



糸引き(STRINGINESS)
金型型開き時に発生する糸引き(細い樹脂の糸)が金型内に付着し、次のショットで成形品に転写され、スジ状の凹凸として残存し外観を損なう現象。
主な原因としては、ノズルの温度が高いことが挙げられる。



色むら(COLOR STREAK)
本来の色調を失い、成形品が黄色化または黒色化する現象。
主な原因としては、シリンダの温度が高い・シリンダまたはノズル内に樹脂が滞留する時間が長い・スクリュー回転数が大きいなどが挙げられる。