HOMEトータルサポート>金型製作
・トータルサポート
・製品設計
・試作品
・流動解析
・金型製作
・成形
・組立
・ユニットバス内製品


 「出来ない物は無い」を念頭におき、難易度の高い金型製作に取り組んでいます。最新鋭の設備を経験豊かなスタッフが操り、熟練の技術者が持つ目や指の感覚とを融合し、高精度な金型を製作します。
 また、当社では金型製作だけでなく、金型作りで養った加工ノウハウで、技術的に困難な加工や電極加工、マシニング・放電のみの加工も承ります。>>詳細
金型製作、電極加工等でお困りのお客様、何でもご相談ください。


金型設計/金型3Dデータ作成
お客様からいただいた3Dモデルや製品図面を基に、金型構造、抜き方向、 型割りライン等をお客様と仕様打ち合わせをします。
複雑な形状でも3次元CADを使用し金型用3Dデータ、設計図面を作ります。 設計次第で、精度・耐久性・コスト等が大きく変わる為、蓄積された経験を 基本として、既成概念にとらわれない最適な金型設計を行います。
加工用NCデータ作成
金型用3Dデータを基に、機械で切削・加工するためのNCデータを 作成します。
3次元CAMを使用し、常に加工部位に応じた精度、効率を考え 加工方法を選択します。
マシニング加工
※動画
マシニングセンターによる加工で、金型が徐々に姿を現してきます。最新鋭のマシニングセンターは、高精度・高効率、微細加工が可能で、 高品質・短納期・コストダウンを図る重要な役割を担っています。
外観の感性が要求されるデザイナー承認電極も、正確に作成します。
グラファイト加工
微細形状に対応する銅電極の他に、大物形状に対応する為、 グラファイト電極を利用して納期の短縮化を図っています。
ワイヤーカット加工
入子、傾斜コア、スライド、ギヤ、抜き加工、その他微細な形状を必要とするものを、Φ0.1~Φ0.25のワイヤー線を使って加工します。
抜き加工した部位に入子を挿入する"しっくり感"がワイヤーカット加工の腕の見せどころです。
  [上に戻る]
形彫放電加工
※動画
形状により、マシニング加工が出来ない場所に放電加工機を使用します。
3軸リニアモーター駆動の高速追従サーボにより、工程短縮や品質の向上に大きく貢献しています。
磨き工数削減の為、面粗度に細心の注意を払います。
検査・測定
三次元測定機、投影機を使用し、各部品を検査、測定します。
また、成形品の測定も行います。
お客様へ安心をお届けする為の重要な工程です
金型磨き
機械による部品加工が完了すると、最後は人の手による金型磨きが必要です。熟練の技術者が形状を崩すことなく指先の感性で磨き上げます。
技術者は、自分の使いやすいようにカスタマイズした道具を使用します。熟練の技を実現する為のこだわりの道具です
組立
前工程で加工された各部品を金型として組み上げていきます。 最新鋭の高精度な機械で加工されても、最終的には長年の経験で蓄積された、熟練技術者が持つ目や指の感覚で調整が必要です。
作動部の作動状況、合わせ状況など非常に微細な変化を読み取ることができるのです。
TRY"0"(トライゼロ)
組み上がった金型を試作成形し製品確認を行います。お客様へ納品前に社内で確認をすることにより、より良い物をお客様へ納品できます。
現在、75t、150t、350tの成形機でTRY"0"を実施しています。
金型生産管理システム
金型は一品一様。市販されているシステムでは自分たちの欲しい機能が無かったり、余計な機能が付いています。それならと社内で新システムを作ってしまいました。それが金型生産管理システム「管良くん」です。
データベースを元に欲しい機能を順次追加できる成長型システムです。
  [上に戻る]


 


 当社では、金型製作だけではなく、マシニングセンターによる金属加工もお受けしています。
 技術的に困難な加工や電極加工、マシニング・放電のみの加工依頼などもお気軽にお問い合わせください。

 イラスト電極
Adobe Illustratorのデータから彫刻電極を加工
最小R0.05ボールエンドミル使用

  ロゴマーク電極
お客様のロゴのデータから彫刻電極を作成
最小R0.05ボールエンドミル使用
データはDXF,IGES、Adobe Illustratorが受け取り

  ダイヤル電極

磨き不可能部位の電極をマシニングで高精度加工します
高精度放電加工機を使用することにより、磨き不要のワークを作成します。

※新製品につきお見せできませんが、近日
公開予定。


  グラファイト加工 
微細形状に対応する銅電極の他に、大物形状に対応する為、グラファイト電極を利用して納期の短縮化を図っています。